【コーポレートビジョン】

「世界中の全ての人をウィルスから守りたい」

コロナウィルスや鳥インフルエンザなど、人類や動物は常にウィルスによる感染のリスクがあり、それらのウィルスが広がると日常生活にも影響を与えることとなります。

化学薬品などを使うと強い殺菌効果を得ることは容易です。しかしながら人々の生活にも制限が出てきてしまいます。弊社は人体に無害な世界最先端の大気圧低温プラズマ技術によりウィルスの脅威から人々の日常の生活を守りたいと考えています。

従来の高温や真空といった特殊環境下で放電する  完全電離「高温プラズマ」 に対して「大気圧低温プラズマ」をどう活用するかについての研究が世界中で盛んに行われており、たくさんの実験結果が報告されています。

大気圧低温プラズマ技術は、医療や環境、農業その他の幅広い産業分野を、そして社会を変えます。

ビジネスとしても大きな規模になる最先端技術で想像を超えるようなイノベーションにつながることも期待されている未来を変えるゲームチェンジテクノロジーの1つです。

弊社は最先端プラズマ機器とニュープラズマのアプリケーションを開発することで未来社会に貢献することを目指しています。

【会社概要】

会社名未来科学株式会社
(Japan Institute of Future Science Inc)
資本金4,000万円
取締役代表取締役会長 田中勉
代表取締役社長 本瀨建
取締役     南隆
監査役     花田達磨
設立年月日平成26年(2014年) 6月6日
住所東京都千代田区霞ヶ関3-6-14 三久ビル702

アクセスマップ

【事業紹介】

プラズマ・アプリケーション事業

空気・水処理、環境、医療、農業、工業、美容分野への応用

環境事業

温暖化ガスの分解装置、地中バイオ発電システム

【製品紹介】

SterilizAir(ステライザ)

ROS(Reactive Oxidation Species:気相活性酸素種)マルチプラズマ®によるAOP(Advanced Oxidation Process:促進酸化処理方法)を利用した今までにない空間除菌装置です。24時間365日、人がいる空間で利用でき99.9%のウィルスと細菌を除菌することができます。販売代理店を通じて様々な場所でご利用頂いています。

SterilizAir(ステライザ)エンジン

SterilizAir(ステライザ)に搭載されているエンジンを利用して独自製品を製造販売(OEM)されたい企業様向けに部品を提供しています。

プラズマフィルター(現在、製品化中)

従来のプラズマ発生方法では難しい空気の大流量の処理をプラズマを多層化、大面積化する技術を開発することで空気中のウイルスや細菌を空気ごとプラズマフィルター装置に吸い込みプラズマ処理することで百万分の1秒という超高速に且つ高効率に殺菌、不活化することを世界で初めて可能にし実用化しました。また高い消臭力、花粉やPM2.5などの物資を分解し無害化できるものです。

プラズマウォーター(現在、製品化中)

医療、農業、食品などの分野では加熱処理や薬剤による殺菌方法が使用されていますが熱による変性や薬剤の残留などが問題になるため、プラズマを水に照射する方法などが開発されてきましたが反応性やエネルギー密度の問題だけでなく接触面積が少なく大面積、大量処理には時間が掛かります。弊社はマルチガスプラズマジェットを大面積化し直接水の中に放射することを可能にし実用化したことで高い反応性と殺菌力で大流量の水、モノの高速処理を実現しました。プラズマジェットでプラズマ化した水は約1時間後には殺菌された元の水に戻り環境に優しいものです。無農薬、低農薬化、食品の熱変性を起さず薬剤の残留の問題が無くなり、食品の殺菌や鮮度を長持ちさせフードロスを大幅に減少できます。

二酸化炭素分解プラズマ装置(現在、製品化中)

Coming soon

【サステナビリテイ】

Coming soon

MENU